「プロフェッショナル」が変えるべき6つのことと、変えてはいけない3つのこと --『ハスラー』


ネットが発展すると「士」の付くような職業すら代替され、コンピュータとの競争にさらされています。いわゆる専門知識はググればそれなりの情報は入手でき、会計ソフトを使えば経理や税金計算くらいはできてしまいます。そんなとき、「プロフェッショナル」はどうするべきなのでしょうか。
変えずに高めるべきことと、やり方を変えるべきことが、実例を交えて書かれています。
【変えざるべきもの】

  • コンプライアンス・守秘義務
  • サービスへの熱意
  • クライアントファースト
    【革新すべきもの】

  • イノベーション・起業家精神
  • 戦略ブランディング
  • 組織・経営管理
  • ワークスタイル
  • 提供サービス
  • クライアント視点広報

『ハスラー プロフェッショナルたちの革新』からの名言

日本に着いてすぐに日本語検定四級の勉強を始めた私の努力に気がついた先生たちは、「一生懸命」の重要性について説明してくれた。それは日本固有の物事への取り組みや姿勢であり、私はその良さをすぐに理解した。私はこの考え方を生涯のキャリアを通じて、自らのハードワーク、創造性および顧客価値志向のサービス提供に誇りをもって活かそうとしてきた。

気づいたこと
ゆっくりとした変化に気づく人は少ない
今日の一言
正直、細谷さんの解説だけでも良いかも…

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です