リスクを取る技術『不確実性分析』

不確実性分析 実践講座 

ビジネスの不確実性は不可避である、という前提はありますか?
つい、計画に書いたことはすべて現実になると思ってしまったり、逆に計画なんてデタラメだと無視してしまったり両極端な反応をしてしまいます。
しかし、不確実性が不可避であるという認識に立つと、そんな不確実な中でどうやってリスクを取って「意志決定」をするのかが、勝負を分けることになります。要するに、情報がなくても「決める」技術です。その不確実性のもとで意思決定する考え方を丁寧に易しく解説するのが、一見難しいタイトルの『不確実性分析 実践講座』です。
最初は仮説を明確にし、定量化することで「あいまいの闇」を解消します。
すると、シミュレーションが可能になります。モンテカルロ・シミュレーションや、感度解析を行い、重要な仮説を洗い出すことが可能になります。
シミュレーションをもとに、重要な仮説に対する準備を行い勝つための準備をしておきます。
準備ができたら、実行。ただし、実行も学習プロセスとして取り組み、マイナス側のリスクを最小化しつつプラス側のメリットが得られるようなオプションを設計し、マイルストーンを設定します。

ここでまとめた抽象度では難しく感じるかも知れませんが、コンビニ経営者の視点でストーリー仕立てなのでとても分かりやすくなっています。
リアルオプションや新規事業の損益分析の仕方、新規事業のリスク分析を学びたい人にはおススメですね。

『不確実性分析』からの名言

DDP考案者の一人、コロンビア大学ビジネススクール准教授リタ・マグラスは、不確実性の高い新規事業開発や新製品開発を学習のプロセスとして捉えることを提案している。

今日の一言

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です