突然死注意!『競争優位の終焉』

競争優位の終焉 市場の変化に合わせて、戦略を動かし続ける 
ビジネスで勝つには競争優位を確立することが重要だとずっと教えられてきましたが、もしその優位性が一瞬で崩れ去るなら・・・
ビジネスのスピードが加速しているように感じるように、有意性も早くなくなります。
そうなると、どうやったら競争に勝つことができるのでしょうか。

カギとなるのは「アジリティー」。

いかに早く変わることができるか?いかに新しいやり方を身につけることができるか?いかに新しいことを成功に導くことができるのか?

新たなマインドセットが求められています。
既存の優位性は持続するという想定 ⇒ 既存の優位性は圧力にさらされるという想定
既存の見方を強化する会話 ⇒ 現状を率直に問う会話
比較的少数の同質な人々が戦略策定プロセスにかかわる ⇒ 幅広い関係者が戦略策定プロセスかかわり、多様な視点を提供する
正確だが遅い ⇒ 正確さはそこそこだが迅速
予測志向 ⇒ 仮説志向
正味現在価値(NPV)志向 ⇒ オプション志向
確証を探す ⇒ 反証を探す
社内で最適化に注力する ⇒ 外部の世界に積極的に注力する
問題解決に人材を使う ⇒ チャンスを見つけてとらえるために人材を使う
既定路線を延長する ⇒ 継続的な変化を促す
既定路線の衰退を甘受する ⇒ 立ち直りが早い

こちらの記事にも一応リンクを張っとこう→http://enterprisezine.jp/bizgene/detail/5999
『競争優位の終焉』からの名言

モドゥルスンは「技術的負債」という言葉をつくった。その意味は、企業の競争力を支えるのに適した状態に技術を維持しておくには、継続的な投資だけでなく、古くなった資産を捨て去る意思が求められるということだ。

気づいたこと やっぱりどんな優位性も時間と共に風化する
今日の一言 最も変化できるものが強い

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です