「死ぬのが怖い」とはどういうことか』


「死生観」という言葉がありますが、案外ストレートに死生観を論じた本は少ないものです。
「死」とは何か、「生」とは?「怖い」とはどんな感情なのか?「感情とはそもそも何か?」こんな疑問を持ったことのある人なら読んでみてはどうでしょう。脳科学、進化生物学、ロボット工学、哲学、宗教などを総動員してシステム的に考えるアプローチは何しろ「考える」参考になります。著者に会ったりすると2割増し、いや5割増しの評価になったりしますが、今回はそのままでもおススメです。死ぬことが怖くない人にもおススメ。死や人生に対する深ーい洞察が得られること間違いなし。
ちなみに、死が怖くなくなる考え方は以下の7通り。

  1. 心は幻想だと理解する
  2. すぐ死ぬこととあとで死ぬことの違いを考える
  3. 自分の小ささを客観視する
  4. 主観時間は幻想だと理解する
  5. 自己とは定義の結果だと理解する
  6. 幸福学研究からのアプローチ
  7. リラクゼーションと東洋思想からのアプローチ

『「死ぬのが怖い」とはどういうことか』からの名言

では、感情は何のためにあるのかというと、一般に、それを他人に伝えることによってコミュニケーションを高度化するためだろうと言われている。

気づいたこと
感情にも目的があり、死にも目的がある。
今日の一言
死んだら死ぬ。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です