もう働き方のシフトは始まっている。『ワーク・シフト』


再生医療やITなど進化するテクノロジーの先にあるものは?少子高齢化がこれ以上進むと?地球温暖化やエネルギー問題の未来は?
こういった不安に対して、人は概して暗い未来を描きがちですが、この本ではそういった暗い現実的なシナリオだけでなく、明るいシナリオも描き、未来の生活イメージを読者に提供してくれます。グローバルな研究をもとにした未来予想図が前半から中盤にかけて展開されていきます。
その上で、3つの働き方のシフトを提案されているのが、この本の特徴です。私自身もここが非常に重要だと思います。
特に新しい視点があるわけではないのですが、人類の長い歴史を見ると、働き方として大きなシフトには違いありません。このシフトは既に起きているシフトだという感触を持っている方も多いのではないでしょうか。

  • ゼネラリストから「連続スペシャリスト」へ
  • 孤独な競争から「協力して起こすイノベーション」へ
  • 大量消費から「情熱を傾けられる経験」へ

未来を客観的に予測し、当てにいっているというよりは、「未来を創っているのは私たち一人ひとり」という意識を共有しようとしています。筆者が繰り返し語るように「漫然と」迎えると未来は暗いものになるかもしれなし、能動的に作り出せば明るいものになるかもしれません。むしろ、この二つのシナリオは同時に存在し、一人ひとりの心構えで変わるのではないでしょうか。

『ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>』からの名言

これまでの企業と社員の関係には、親子のような安心感があった。私たちは、自分の職業生活に関する重要な決定を会社任せにしておけばよかった。それに対して、新たに生まれつつあるのは、大人と大人の関係だ。このほうが健全だし、仕事にやりがいを感じやすいが、私たちはこれまでより熟慮して、強い決意と情熱をもって自分の働き方を選択しなくてはならなくなる。そのために必要なのは、どのような人生を送りたいかを深く考え決断する能力だ。

気づいたこと
未来はやってくるのではなく、創るもの
今日の一言
お説教は短い方が良い

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です