自分を「ごきげん」にする方法


「ごきげん」とは何て主観的でハッピーな言葉だろう。
幸福、健康、人間関係、すべてが気持ち良い状況を作り出すにはどうしたら良いんでしょう?
それは、まさに自分の「ごきげん」を意識して整え、自分の「ごきげん」を取ることです。上司や先輩、妻や恋人のご機嫌を取っている場合ではございません。自分の機嫌を取らないと、人のご機嫌なんて取りようがないんですから。
原則は「自分のきげんは自分でとる」。そして、そのためには「本来は意味のついていないものに、意味づけしている自分に気づくこと」が重要だと教えてくれます。そして、「態度」「表情」「言葉」を選ぶこと。
さらに、自分のご機嫌をとる上で2つの生き方「結果エントリー」(行動の結果を目標として意識する生き方)と「心エントリー」(心の状態が望ましい“フロー状態”を意識する生き方)の違いを把握して、「心エントリー」型にシフトしていく方が良いでしょう。なぜなら、人のエネルギーやモチベーションの源泉は以下の3つの~たいに分類されるからです。

  • 「結果の“たい”」 (例:給料を上げたい、有名になりたい)
  • 「行動の“たい”」 (例:歌いたい、話したい)
  • 「あり方の“たい”」 (例:穏やかでいたい、自由でいたい)

結果は必ずついてくるとは限りません。相手や環境が整っていないと得られないこともあるかもしれません。行動も、環境が許さないこともあるかもしれません。しかし、あり方については、自分だけがコントロールできるのです。そこにエネルギーの源泉を持ってくることで長続きする結果を出し、「ごきげん」も高められるのです。
こういう本をお医者さんが書いているのがいいですね。こういう本、大好きです。
『自分を「ごきげん」にする方法』からの名言

自分がきげんよくなりたいのなら、態度や表情、言葉を選びましょう。選べるのですから自分のために選んでください。

気づいたこと
機嫌は自分でとる。
今日の一言
WHOも「ライフスキル」に気づいている。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です