2016年のイノベーション本ランキング


この時期になると、今年読んだ本を振り返るのですが、今までと比べると読書量が少ないかもしれません。
それは、きっと読むよりも書いていたからだと思うのですが、興味を持った本が少なく感じたのも事実です。

今年の大きな掘り出し物は「小泉今日子」です。アイドル時代も好きでしたし、「あまちゃん」時代も好きですし、作家としても好きになりました。
『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』『小泉今日子書評集』の2冊は、ジャンル違いにもかかわらず☆☆☆☆☆付いていますし、番外篇として挙げておきます。

 

 

5位『僕が使えたかったこと』
懐かしさもあるけれど、昔日本が元気あった頃のチャレンジストーリーは元気を与えてくれました。

 

 

 

 

4位 『ロケットササキ』
スティーブ・ジョブズが一目を置いていたエンジニアがいたというのは、誇り高いですね。
シャープ中興の祖の物語。

 

 

 

 

 

3位 『魔法のコンパス』
ビジネス書としてもとてもイケてる。イノベーションのジレンマを打開するヒントばかり。

 

 

 

 

2位 『習得への情熱』
超ドMな鍛錬ストーリー。

 

 

 

 

 

 

 

1位 『巻き込む力』
昨年の2位を今年の1位にしようと思います。
昨年末に惚れた本を、日本語にしました。かなり読みやすくなったと思いますよ。
オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です