Communication

 
Harvard Business Review を読むような、エグゼキュティブも、コミュニケーションに悩んでいるんですね。
人を説得する方法、女性との会話、人前でしゃべる、都合の悪いニュースを伝える、などなど、難しことが多いです。コミュニケーションというのは必要なことをきちんと伝えられるかどうかが大切なんだと、改めて感じました。
HBR’s 10 Best シリーズのコミュニケーション編には、かの有名なチャルディーニーの影響力に関する文章も掲載されていますが、他のものをかなり勉強になります。
説得話法に関するものが多いので、一つ紹介すると、相手のタイプに応じて説得の仕方を変えることが紹介されています。聞き手には、

  • カリスマ型
  • 思考型
  • 批判家型
  • フォロワー型
  • コントロール型

の5種類のタイプがあり、相手に応じて伝える内容を変えるのが良いらしいです。
カリスマ型には、多面的な情報と結論をきちんと伝える、思考型はリスクを避けるので、詳細な情報とロジックで、批判家型には信頼する他者の承認で、フォロワーには事例や証言を伝え、コントロール型には論点を整理し、結論を相手に言わせるのが効果的だそうです。

この通りにできるかはおいておいて、実用的な本ですね。
『On Communication』からの名言

We have found that the most effective persuaders use language in a particular way. They supplement numerical data with examples, stories, metaphors, and analogies to make their positions come alive.

今日の一言
泥臭いマネージャー本として重宝しそう。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です