『ワイドレンズ』イノベーションの死角をなくせ


イノベーションには多くの場合、エコシステム、つまり他の業者の協力が必要です。例えば、iPodの成功にはレコード会社の協力が不可欠でした。胃一方のSonyはグループ会社にあったレコード会社と強調できず、iTunes+iPodの前に敗北したと言われています。

多くの場合、イノベーションは単独の企業の成果として語られます。しかし、その語り口だけではレコード会社のような強力業者の重要性が忘れられます。どんなに優れた製品・サービスを提供できたとしても、自社で頑張れることだけには限界があり、イノベーションに失敗する可能性が高いです。自社の周辺にどのような協力が必要なのか、どんな環境が整備される必要があるのかを見落としてしまわないようにするのが「ワイドレンズ」という考え方になります。
ワイドレンズを通して見つけておく必要があるのが、以下の二つ。

  •  コーイノベーション
    自分のイノベーションが成功するため、他の誰のイノベーションが必要か?
  •  アダプションチェーン
    エンドユーザーが提供価値を評価する前に、他の誰がそのイノベーションを受け入れる必要があるのか?

自分のイノベーション実行課題と合わせて3つの視点をワイドレンズを通じて明確化することが大切だと説いています。このように自社を補完してくれる企業を見つけることができれば、彼らが反対しないようにビジネスモデルを修正していくことが必要になります。なぜなら、エコシステム内の一人でも抵抗すれば、全体の流れが止まってしまうからです。消費者にとって素晴らしい商品でも、店頭に並べるバイヤーの気に入らなかったら、売れませんよね。流れを阻害しないようにビジネスを創ることが重要です。

『ワイドレンズ:成功できなかったイノベーションの死角 』

エコシステム内のすべての参加者は、リーダーになるべきか、フォロワーになるべきか、自問しなければならない。「自社はリーダーになりたいのか?」ではなく、むしろ「他社が喜んで自社についてくる適切な理由があるか?」だ。

気づいたこと
タイミングも早すぎず、遅すぎず、「適度に」
今日の一言
ECOLOGY-ECOSYSTEM-ECONOMICS

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です