スタートアップ!


今回ご紹介する本はリンクトインの創業者が書いた『スタートアップ!』です。
原題はThe Start-up of You、副題は『シリコンバレー流成功する自己実現の秘訣』ということで、起業というよりも、自己実現に主軸を置いています。 さすがリンクトインを創っただけあって、人脈の重要性を強調しています。
自己実現というと、ついぞ高い目標を設定してがむしゃらに頑張るようなイメージがありますが、ここで紹介しているのはもっと臨機応変に目標を変える方法。時代の移り変わりも早いですし、やったことないことに対して妥当な目標を立てるなんて無理です。なので、スタートアップの経営と同様に、バックアッププランなどをしっかり考えながら進めることが大切です。この本ではABZプランニングと呼んでいます。

• プランA:銃を構えたあとは「狙え、撃て」を繰り返すような既定路線
 – 現在の立ち位置からまっすぐ先にある道
• プランB:学びながら方向転換するとしたら選ぶ道
 – 今やっていることを活かしながら、半分新しい領域に踏み入れるような選択肢
• プランZ:救命ボートに飛び乗って態勢を立て直す
 – AもBもうまくいかないときの一時的な保険

起業時と同じように、人生計画もバックアッププラン(Z)を用意し、最悪の事態に備えておくことで大胆なチャレンジもできるようになります。さらに、プランAの周辺のチャンスにも目を光らせておき、時機が来たら転換も辞さない。これでブレークしたベンチャーも数多いことを紹介してくれています。作者本人も当初は学者や研究者という道を歩もうとキャリアを歩み始めたものの、さまざまなセレンディピティに出会うことで華麗にプランBを成功させてきています。

『スタートアップ!』からの名言

なぜスタートアップなのか。スタートアップはそもそもは新興企業や起業を意味する。会社を興すときは、情報が乏しくヒト・モノ・カネの足りない状態で、時間に追われながら判断をくだす。何の保証も安全網もないから、それなりのリスクをとることになる。競争相手と市場のどちらも変化しており、企業の寿命は決して長くはない。起業家が会社を興して成長させようとするときの環境条件は、わたしたちみんながキャリアを築こうとするときの条件と同じである。一瞬先に何が起きるかわからない。限られた情報。熾烈な競争。変わりゆく世の中・・(中略)・・・・。しかも、ひとつの仕事に費やす時間は短くなってきている。つまり、絶えず順応を繰り返す必要があるのだ。もし順応できずに振り落されても、誰も―勤務先も、政府もーあなたを受け止めてはくれないだろう。

気づいたこと
ビジネスを確立することと、キャリアを確立することは近いとは思っていたけど、人材が流動化している現代において益々近いものになっていくのではないだろうか。

今日の一言
Linkedinは人材紹介業なので、SNSとしては使いにくくてもしょうがない。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です