数学ガールズでは?『数学ガール』

話題のシリーズを触ってみようかと思いました。

高校まで数学は嫌いではなかったのですが、大学に入って挫折。そんな僕なら、老若男女流行っていると言われている『数学ガール』なら結構楽しめるんじゃないかと思いました。

感想は…





甘酸っぱい恋愛のストーリーは追って楽しいんですが、その数式の展開が100000倍ほど早くて、大変。子どもたちにも読んでもらったけど、別段普通の小説のような反応でした。

こう書くと、つまらなそうな感想ですが、決してつまらないわけではありません。ライトで面白いけど、その割に脳がフル回転で疲れちゃうって感じです。元気なときに読んでください(笑)

『数学ガール』からの名言
高校時代、数学を通して関わった彼女たちを、僕は決して忘れない。
今日の一言 高校時代なら、何をしても青春だ。
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『21 Lessons』

『サピエンス全史』『ホモ・デウス』の売れっ子著者、ユヴァル・ハラリ氏の三部作ともいえる作品の締めくくりは「21Lessons」という題名です。

21の教訓ということですが、21もの課題でありながら互いに連関し、相互に人類の未来を決めるであろう論点であることがわかります。

1 幻滅――先送りにされた「歴史の終わり」
2 雇用――あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない
3 自由――ビッグデータがあなたを見守っている
4 平等――データを制する者が未来を制する
5 コミュニティ――人間には身体がある
6 文明――世界にはたった一つの文明しかない
7 ナショナリズム――グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする
8 宗教――今や神は国家に仕える
9 移民――文化にも良し悪しがあるかもしれない
10 テロ――パニックを起こすな
11 戦争――人間の愚かさをけっして過小評価してはならない
12 謙虚さ――あなたは世界の中心ではない
13 神――神の名をみだりに唱えてはならない
14 世俗主義――自らの陰の面を認めよ
15 無知――あなたは自分で思っているほど多くを知らない
16 正義――私たちの正義感は時代後れかもしれない
17 ポスト・トゥルース――いつまでも消えないフェイクニュースもある
18 SF――未来は映画で目にするものとは違う
19 教育――変化だけが唯一不変
20 意味――人生は物語ではない
21 瞑想――ひたすら観察せよ

ふむふむ。僕の人生はこんなに長く続くのだろうか。子供たちの世界はこうなっているのだろうか。誰もがこれだけのことに向き合わないといけないのだろうか。

さまざまな疑問が頭をよぎります。この教訓は誰のためのものなのだろうか???

『21 Lessons』からの名言
「人間の愚かさは、歴史を動かす重要な要因なのだ、過小評価されがちだ。
今日の一言 自分は愚かだ。
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com