『エンジェル投資家』

エンジェル投資家とは、何と謎めいた存在なのでしょうか?!
文字通り、「天使」のような印象を持ったり、謎すぎて怪しいというイメージもあったり・・・

伝説のエンジェル投資家にジェイソン・カラカニスさんという人がこのほんの主人公であり、語り手です。そして、何を語るのかというと、「優れたエンジェル投資家になる方法」と、「エンジェル投資家から支援を得る方法」について教えてくれます。

それこそ滅多に会うことのできない人種ですから、こういう本はありがたいですね。でも、読んだところでエンジェル投資家には会えない・・・という問題はあるかもしれません。

ですが、そこは「エンジェル」。VCのようなポジションもなく、余ったお金を少し投資するということをやっているわけですので、惜しげなくシリコンバレーのスタートアップについての裏の情報を教えてくれる一冊です。全然裏でも何でもないですが、ちゃんと起業家を見るってこととか、評判を大切にすることとか、小さく始めることとか、契約はちゃんとすることとか、しっかりと自分のポジションを伝えるとかです。本質ばかりです。
一攫千金を求めてこの本を手に取ると、「成功するには良い習慣をつけ、和歩い習慣がつかないように注意することが大切だ。」なんていう言葉に絶句するかもしれません。
エンジェル投資が多く行われるシリコンバレーならではの、シードラウンド前の情報もタメになります。例えば、最初に「ただ働き」ラウンドがあったり、「ブートストラップ」ラウンドがあることは一般には知られてないですね。
色々なノウハウを垣間見ることができる本ですが、突き詰めるとカラカニスが絶対に創業者に聞く質問になるのではないでしょうか。

  1. この創業者はなぜこのビジネスを選んだのか?
  2. この創業者はどこまで本気なのか?
  3. この創業者がこのビジネスで成功するチャンスはどのくらいか ーー 人生ではどうか?
  4. 成功したときの収益や私へのリターンはどのくらいか?

SaaSをやっていたり、B2Bのビジネスをやっている人にはおススメです。
『カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則
』からの名言

10億ドルの会社を選ぶのではない。10億ドルの創業者を選ぶのだ。

今日の一言
エンジェルの原資をどう稼ぐか?ここで決まる気がする。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則 』

最近、「カスタマーサクセス」という部署名の名刺を持っている人が増えています。
彼らは、名前通り「顧客の成功」を生業としているといいますが、なぜそんなことをするのでしょうか?
サブタイトルにもありますが、サブスクリプションのサービスが増えているというのは一つの背景かもしれません。サブスクリプションのサービスでは、使った分だけユーザは料金を払います。したがって、ユーザはサービスを使いながら、価値を感じれば感じるほど継続し、売上も増えるわけです。
このようなサブスクのサービスでは、顧客が求めている「コト」を達成することが大事です。ていうか、死活問題だといいます。顧客は「商品」を求めているわけではありませんから。
こちらの本は、こうしたカスタマーサクセスの基本的な考え方以外にも、具体的な施策をたくさん提供してくれます。実際にカスタマーサクセスを導入しているさまざまなクラウド企業(すなわちサブスク)の事例もたくさんです。書き手が変わるのでちょっと戸惑いますが、ある意味幅広い事例があるのでとっても参考になります。
カスタマーサクセスに取り組む際、一つ重要な概念は「タッチ」です。タッチとは、販売しているサービスの価格帯と顧客によって、どの程度の厚みでサポートをするか、という意味です。
ハイタッチ: 手厚く個別にサポート ロータッチ: 人による一般的なサポート テックタッチ: ITを使った効率的なサポート
これらの3つの戦略を使いこなすのが鍵のようです。
なお、カスタマーサクセスの10原則は、納得感しかないのでここに書いておきますね。

  1. 正しい顧客に販売しよう
  2. 顧客とベンダーは何もしなければ離れる
  3. 顧客が期待しているのは大成功だ
  4. 絶えずカスタマーヘルスを把握・管理する
  5. ロイヤルティの構築に、もう個人間の関係はいらない
  6. 本当に拡張可能な差別化要因は製品だけだ
  7. タイムトゥバリューの向上にとことん取り組もう
  8. 顧客の指標を深く理解する
  9. ハードデータの指標でカスタマーサクセスを進める
  10. トップダウンかつ全社レベルで取り組む

SaaSをやっていたり、B2Bのビジネスをやっている人にはおススメです。
『カスタマーサクセス――サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則』からの名言

長いビジネスの歴史の大部分で、本当に重要なことは(1)製品を作ることと(2)製品を売ることの2つしかなかった。今ここに現れた3番目の核となるプロセスこそが、カスタマーサクセスである。

今日の一言
顧客の成功は自社の成功だと本当に思えるヤツは強い。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com