『Who You Are』

私は何ものか?????????
何を読んだのか忘れてしまう人ですね。

ていうか、読んだそばから沁み込みすぎて、すっかり読み終わったことも忘れて放置してました。という、言い訳はさておいて、Ben Horowitzおじさんの言葉は重みがありますね~中身からすれば需要がなさそうな本ですが、色々と読まれているみたいです。実際にタメになるようなシチュエーションはほとんどないはずなのに、熱くリアリティのある厳しい話。

そんな厳しくてリアルなリーダーシップの本を要約するなんて無理ですが、敢えて自分なりに要約すると:
・文化を作ることがリーダーの役目
・文化とは、リーダーが見ていないときのメンバーの行動
・言葉も大事だが、リーダーの行動が一番伝わる
・強い文化を作りたいなら、ルーベンチュール、チンギス・ハン、武士道、のような偉大な文化と時代を作ったような事例から学ぶ

スタートアップが、奴隷解放のリーダーやモンゴル帝国のリーダーから何を学べるか?そこまでの長い道のりを想像できたりするのだろうか?そんなスケールで物事を見られるだけでも楽しい一冊ではあります。

『Who You Are』からの名言

あなたが下す決定は、ほかのどんなものよりあなたの企業文化に影響する。また同時に、その意思決定のプロセスも文化の核になる。

今日の一言

本質を追求し続けられるのは、よっぽど狂っているかよっぽど勝ち続けているかのどっちか。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『モデルナはなぜ3日でワクチンをつくれたのか』

タイトルが長いと、中身の説明が要らなくなりますね。

で、なぜ3日でつくれたのか?という問いの答えですが、つまりはIT、というかソフトウェアの使い方が優れていたからという点が一番に主張されているように感じました。しかし、その前の段階で、フラグシップ・パイオニアリングが大胆な仮説を立て、モデルナを設立しているという背景はとても重要です。

道具は目的がなくては無益ですし、道具の発展もしません。ソフトウェアという道具をしっかり使いこなすための「目的」。そしてその目的に集まる「人」があってこそ成り立つイノベーションというものをモデルナは体現しているのではないかと感じました。

後半はモデルナというよりもGAFA企業のヘルスケア戦略について広範に述べられています。データやソフトウェア領域で進んでいる企業達にヘルスケアにおいても先を越されそうですが、単に道具であるデータやソフトを見ずに、目的から考えれば、色々な戦い方があると思います。

『モデルナはなぜ…』からの名言

フラグシップ・パイオニアリングはヘルスケアとライフサイエンスの分野を中心にプロジェクトを立ち上げ、2021年7月時点で100社以上の企業を設立、うち47社のイグジット(投資資金の回収)、またモデルナを含む24社のIPOに成功しています。

今日の一言

なぜ?という問いには実現した要因という意味と、動機という意味とがある。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com