『現代語訳 学問のすすめ』

なぜ、名著と呼ばれる本は時代を超えるのか?
こういう本を読まされると、本当に考えさせられます。
読まされた、というのは決して嫌々読んだわけではなく、古いエッセイなのにぐいぐい引き込まれたからです。150年経っても真実であり続ける慧眼を福沢諭吉が持っていたことになりますね。必ずお勧めしたい一冊です。

タイトルは『学問のすすめ』。
つまり、なぜ人は学ぶ必要があるのか?
学ぶとは何か?
学ばないとどうなるのか?
学ぶと何が得られるのか?
人生を学びと言い換えても良いほど、示唆深く、学校や大学などのいわゆる勉強や教育と関係なく、私達に語り掛けます。

福沢諭吉が『学問のすゝめ』を書いた当時、日本は鎖国を解き、欧米の列強の前に国の存続の危機にありました。何百年も続いた藩も、何前年も続いた天皇制も、文明と武力と経済力で優る欧米諸国に晒され、滅亡の危険が迫っていたのです。そんな、危機が迫る中、国民全体が学び、自ら知の力で立ち向かおうと鼓舞しているのです。日本という島国の特徴をとらえると、このような危機は数百年毎に現れるのかもしれませんが、現代と同じです。だから、今も私たちは学ばないといけないのです。現代の言葉に言い換えると、幅広い知識と教養を得て、自分で考える力を養うことが大切なのです。

『現代語訳 学問のすすめ』からの名言
しかし、子を生んで養うのは、人類だけではない。動物だってみなやっている。ただ、人間の親が動物と違うところは、子供に衣食だけでなく、教育も与え、社会的なあり方も教えるという一事にある。
今日の一言 読書をすゝめる
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『人望が集まる人の考え方』

「人望が集まる」ってどんなことだろう???と読み始めると、いきなり

よい人間関係とは、自分が求めているものを手に入れるのと引き換えに、相手が求めているものを与えることだ。

人はみな人生でふたつのものを手に入れたいと思っている。それは成功と幸福である。

と断言されます。

そして、人間関係の基本原理として、「人々は自尊心を傷つけられると感情的になりやすいが、自尊心を大切にしてもらうと理性的に振る舞う。」「自尊心は人間の尊厳にかかわるたいへん重要なものだ。すべての人は自分の自尊心を大切にしてほしいと願い、それを傷つける人を敵とみなす。」

といった原理原則を示されます。こんなに断言されて、人望とは何かを切られると、これ以上読まなくてもいいのかもしれませんが、さらに具体的に人望につながる人間関係作りについても書かれています。ご安心ください。

書かれている内容は、どこかで聞いたことがあることもあるかもしれませんが、クリアでスパッとした言葉はどこかで響くのではないでしょうか。少なくとも私には、大事なことを色々と思い出させてくれました。

『人望が集まる人の考え方』からの名言
人はみな人生でふたつのものを手に入れたいと思っている。それは成功と幸福である。
今日の一言 読むタイミングで印象が異なりそう
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com