『Seeing Around Corners』

大好きなリタ・マグレイスの本を、やっと読みました。といっても、耳で聞いたんです。

通勤も短くなったので、読書の時間を敢えて取る必要があり、ランニング中にAudibleというものどうだろう?っと試してみました。

英語はとても聞きやすく、すごく勉強になります。普段の会話力もアップするのではないでしょうか。しかし目で行う読書と比べると、メモが取りにくいのが難点です。

内容は、「Inflection Point」について経営上の予測をするための指南書です。Inflection Pointとは、「産業転換点」とでも訳したらいいんでしょうか?彼女が『競争優位性の終焉』の著者であることを鑑みれば、「競争優位が崩れる環境変化」が起きることをInflection Pointと呼んでもいいのかもしれません。大きな転換が起きてからだと、対応に追われて優位性を保てなくなるし、早めに動くのはリスクもある、ということで正確に予測したいわけです。

予測をしたいとなると、何を観察するのか?ということですが、それは「先行指標」です。ついつい、売上や利益など結果の数字を追いかけてしまいますが、結果を生み出すために先行して変化するものを捉えそびれてしまうのです。一部その先行指標の表なども紹介されています。Audibleだとこのような表は耳から入っては来ませんが、PDFで図表は提供されています。

遅行指標一致指標先行指標
顧客の離反顧客満足従業員エンゲージメント
従業員離職率従業員エンゲージメント経営効果
新商品の売上顧客利用率顧客の「愛」
『Seeing Around Corners』からの名言
Snow melts from the edges.
今日の一言 Audibleは解約かな
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『Pitch』

『巻き込む力』を出してから約4年、ピッチについての理解も深まってきました。『巻き込む力』は海外のスタートアップの事例がふんだんにありますが、『Pitch』はアクセラレーターでもあるOpen Network Labが支援したスタートアップのピッチや事例が紹介されています。SMARTHRが代表例ですが、ピッチのつくり方やスタートアップの育て方について具体的な紹介がされています。「アクセラレーター」についての理解も進むと思います。

『Pitch』からの名言
投資家がスタートアップに求めるのは「成長性」です。―投資家という仕事においてもっとも重要なのは「経済的価値」です。彼らはその「経済的価値」を生むために、スタートアップに投資するのです。
今日の一言 アクセラレーターは加速器
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com