『メタファー思考』


  

メタファーというのはレトリックの一つとして、テクニックのことだと思ってました。
しかし、この本を読むと、サブタイトルどおり「意味と認識」を大きく司っていることがわかりました。
上手な喩えが、コミュニケーション能力向上につながることが理解していたのですが、では喩えはどうあるべきか?ということを無数の事例から教えてくれます。すると、意外なことに、日常会話の中にも無意識にメタファーが潜んでいて、それが伝える意味を支配しているのです。(“潜む”もメタファーですね)

『メタファー思考』からの名言

メトニミーは、現実世界(民謡のような想像世界も含める)のなかでの隣接関係に基づく意味変化である。「赤ずきん」は「赤ずきん」そのものを指すのではなく、赤ずきんをかぶった女の子(赤ずきんちゃん)を指す。

今日の一言
人間ってやっぱり感覚的なところがいっぱいある。新しいものを表現するときに、他のものから名前を借り、名前を借りるとその印象が伝承される。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

 

『イノベーション・マネジメント』


  

タイトル買いしましたが、ちょっと後悔。
イノベーション類型書として捉えた方がいいかもしれません、
『イノベーション・マネジメント』からの名言

第2時世界大戦中、米国は広い意味での軍事利用を目途に科学に対する巨額の投資を行ってきたが、Bushの報告書は、戦争終了後も国家が科学に対して巨額な投資をする理論的根拠になった。多大な研究開発投資をして、優れた科学の創成、技術開発をすることが、イノベーションを成功させるという考え方が政策担当者の思考を支配し、科学推動型イノベーションというモデルが暗黙の前提となった。

今日の一言
イノベーションをマネジメントできるという発想は誰もが持ちたいものですが、何回か成功しないとマネージできないのでは?

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com