『The Secret Lives of Customers: A Detective Story About Solving the Mystery of Customer Behavior』

ジョブ理論が有効なのはわかったけれど、どうやって使うのか分からない…

とあるカフェの成長、そして上場を目指す中で顧客を見失ってしまったところ、ジョブ理論の指導を受けるとどうなったのか?という物語です。ストーリー仕立てでわかりやすい流れでジョブ理論の実用例が紹介されています。

かなり具体的にどのようなインタビューをするべきなのか、ジョブスペックとは何か、発見したジョブをどのように活用するのかなどが小説内で語られていますので、イメージがピンと来ない方はぜひ。。

『The Secret Lives of Customers』からの名言

But insights from data are as good as the questions asked to generate it.

今日の一言
結局はどのような問いを立てるか、ということになる。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

2021年のイノベーション本ランキング

またもや大みそかのアップデートで凹みます。

 

まず3位

『プロダクト・レッド・グロース』は、SaaS企業の成長手法を書いているのですが、SaaSに限った話ではないと思います。本当に優れたプロダクトをつくり、価値を顧客に届けるという本質をとらえた良書でした。

 

2冊目はこちらです

スコット・アンソニー氏の本はイノベーションを様々なレイヤーでとらえていていつも気づきがあります。今回は行動変容と組織変革について。

 

ベストは今さらながら『学問のすすめ』ですね。

時代をいくつも超えてきただけのことはあります。今さらながらお勧めします。

ではまた来年!