『破天荒フェニックス』


ビジネス小説仕立ての、ノンフィクション。
こういう本がきっと一番売れるんですよね。読みやすいし、ギリギリの再生劇を疑似体験することなんてめったにできないから、貴重なストーリーを味わうことができます。
ひょんなことからオンデーズという眼鏡屋さんの経営者になってしまったは田中さんのお話。フィクションということになっているけれど、たくさんの事実が含まれているということです。ビジネスを立て直し、資金繰りに奔走する男のドラマ?とでもいいましょうか。とにかくローラーコースターのように一気に読めるので、おススメです。本当にシンガポールでは大流行り。

『破天荒フェニックス』が面白いのは、著者でもある田中社長がとても文学的な表現を使い、色々な名言を織り交ぜている点にもあります。
例えば「利益は百難隠す」、「倒れる時は前向きに」「早く行きたいなら一人で行け。遠くに行きたいならみんなで行け。」などと、マネしやすいキーワードが満載なので、その気にもなりやすいですね。「倒れる時は前向きに」というのは昔の上司がよく言ってた言葉で、好きなので誰がオリジナルなのかとても気になります。
『破天荒フェニックス』からの名言
いつだってビジネスマンである皆んなを、一つにまとめるための効果的な特効薬は「結果」だ。
今日の一言 「倒れる時は前向きに」 いつでも撤退戦はきついし勝てないし、本にもならない。
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
   

『イノベーターになる』


謝辞に謝辞。 今の大企業経営者には「イノベーター」になろうという動機はなさそうですが、ぜひ読んでもらいたいものです。 『イノベーターになる』からの名言
たとえば、医薬品や塗料、化学品の製造を手掛けるオランダの化学メーカー、アクゾノーベルは、「人々の生活をより生き生きと鼓舞する」という目的を経営の中核に置いている。持続的イノベーションで知られる同社は常に、DJSI(ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・インデックス)の上位を占めてきた。こうしたビジョンとイノベーション活動との連結は、経営者にしかできない仕事である。
今日の一言 価値=発明×洞察
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com