『GE 巨人の復活』

  

シリコンバレーを絶賛する著者が多い中で、そういう浮かれた思いもなく冷静に見習う巨人を取材した著者が書いた本です。

正直に言えば筆者は、グーグルをはじめとするシリコンバレー企業のことが好きではない。日経BP社のような出版社はこの15年ほど、デジタル広告やデジタルメディアの台頭によって、紙の雑誌の販売や広告収入が激減するという憂き目に遭っている。

シリコンバレーに破壊されていたり、破壊されつつあるレガシーな産業にいるのは、何もメディアだけではなく、ほとんどの製造業はこういう危機を迎えています。
そのレガシーな一社であるGEはしかし、敵を見習ってこの危機を乗り越えようとしています。その姿を書いたのがこの本書です。

リーンスタートアップといったプロセスの重要性、優秀な人を惹きつけることの重要性、データの重要性、デジタルへの変革の必要性。

どれも大切なんだけど、じゃあ一体どうやるの?っていうのが実例で詰まった一冊です。経営者がデータやソフトウェアの大切さを理解できないなら、経営者を変えるしかないってことですね。

『GE 巨人の復活』からの名言

ウェルチ時代のコングロマリット路線を否定し、シリコンバレーのスタートアップを徹底的に見習って、製造業を「デジタル製造業」へと変えていこうとしているGEだが、変わらないところもある。それはGEが他者から学び、変化を恐れない姿勢だ。

今日の一言
シリコンバレーに行かなくても、当たり前のことを徹底的にやれば勝てる。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『データ分析の力』を過信しないために

  

ビッグデータによって何でもわかるようになると思っていませんか?
統計的なデータには3つの欠点があると思っています。1つは過去の事実しかわからないこと、2つは集団的、傾向的な統計値しか把握できないこと、3つ目は因果関係と勘違いしやすいこと。
この本は3つ目の因果関係に関する入門書として読みやすくなっています。
まず、データ分析から因果関係を導くのが難しい理由ですが:

  1. 他の要因が影響していた可能性がある
  2. 逆の因果関係だった可能性もある

数式を使わずに、データ分析のイロハ、どちらかというとデータ分析を過信しないためのリテラシーが身につく本です。

『データ分析の力』からの名言

データ分析を行う際に重要なのは、分析や結果の透明性であり、分析者以外にも説得力のある説明ができることです。

今日の一言
統計学は最高の実用スキルである

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com