『LEAP』リープしようよ。

なるほど!

「リープ」と言われて、イマイチ当たり前感しかなかったのですが、原題は『LEAP How to Thrive in a World Where Everything Can Be Copied』といいます。

書かれている事例は、どれも企業の大変革の素晴らしい例でとても興味深いです。さらに、実はここが大事なのですが、戦略を転換した企業は、その場しのぎ的に対応したことが次の道を切り開いているという点です。

そして、次にその切り開いた道を新しい企業の形としてリープ(飛躍して)変革します。

「新たな知識分野へと跳躍」するとか、「セルフ・カニバリゼーションを恐れるな」とか、「人工知能を味方につける」とか、見出しとしてはありきたりに聞こえるかもしれませんが、事例の多い、MBAの教科書的な内容でとっても勉強になりました。

『LEAP』からの名言
戦略と実行は切り離せないのであるから、考えているだけでは不十分だ。
今日の一言 永久不滅はない。ないなら、滅したらいい。
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

数学ガールズでは?『数学ガール』

話題のシリーズを触ってみようかと思いました。

高校まで数学は嫌いではなかったのですが、大学に入って挫折。そんな僕なら、老若男女流行っていると言われている『数学ガール』なら結構楽しめるんじゃないかと思いました。

感想は…





甘酸っぱい恋愛のストーリーは追って楽しいんですが、その数式の展開が100000倍ほど早くて、大変。子どもたちにも読んでもらったけど、別段普通の小説のような反応でした。

こう書くと、つまらなそうな感想ですが、決してつまらないわけではありません。ライトで面白いけど、その割に脳がフル回転で疲れちゃうって感じです。元気なときに読んでください(笑)

『数学ガール』からの名言
高校時代、数学を通して関わった彼女たちを、僕は決して忘れない。
今日の一言 高校時代なら、何をしても青春だ。
テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com