『イースタニゼーション』

覇権国家として中国が台頭しているのか?アメリカは今後どうなるのか?西欧諸国はどうなっているのか?   

日本に住んでいるとそんな疑問は持たないかもしれませんが、アメリカにとっては切実な問題かもしれません。あるいはこれから中国市場に活路を見出すべきなのか考えているビジネスマンにとっても重要な問いだと思います。

中国を中心に世界の重心がアジアへとシフトしていることは間違いのない事実で、これまではヨーロッパ的な世界観から東洋的な世界観へと変わっていくことになるでしょう。

そんなことを示唆する兆しを、アメリカの政治的な視点から解説しているのが本書です。

面白かったのは、ユーラシア大陸にまたがるロシアですらヨーロッパに近づこうとしたり中国に寄ったりという歴史があるということだったり、日米欧という既存の三極視点にはない視点を提供している点です。

『イースタニゼーション』からの名言

一五〇〇年以降の五〇〇年間、ヨーロッパ諸国間での競争が世界情勢を決定づけたのと同じく、アジア太平洋諸国同士の敵対関係が二一世紀のグローバル政治を方向づけるだろう。

今日の一言

世界は小さくなっているので、あまり東西は違いがなくなるのかな。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

『三島由紀夫 ふたつの謎』

久々の投稿。生きてます。
久々の三島関連。面白い。

さて、三島由紀夫に関する大きな謎が二つあると言いますが、何と何なのか?

1つは明白で、自殺、というより自衛隊駐屯地でのクーデーター未遂による切腹ですね。

もう一つは、著者によると「豊饒の海」の終わり方がしょぼいというのです。

???

そうは思わないけどね。

という、自分が勝手に持った疑問に対する、自分が勝手に解説した本だというと元も子もないですが、まとめるとそんな感じ。

でも、面白い。というのが、芸術の本質かもしれません。

『三島由紀夫 ふたつの謎』からの名言

三島は早熟でデビューも早かったが四十五歳で死んでいるので、作家としての活動期間は長くはない。それなのに、彼の作品は全集四十巻分にもなる。これはあまりにも膨大である。ほぼ毎日、勤勉に、実直に書き続けなくては、これだけの量にはならない。

今日の一言

謎を立てるのも解くのも、人間の営み

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com