『ハーバード・ビジネス・レビューBEST10』からブルーオーシャン戦略

ハーバード・ビジネス・レビューBEST10論文―世界の経営者が愛読する
イノベーションのジレンマに引き続き、「BEST10論文」ではブルーオーシャン戦略が紹介されています。
ネーミングが直感的でわかりやすいのと、時代が競争に偏り過ぎていたこともあり、インパクトを残していますね。
クリステンセン流に言えば「新市場型破壊的イノベーション」ですが、「ブルーオーシャン戦略」の方がカッコイイですし、こちらに統一しちゃってもいいんじゃないでしょうか。
さて、ブルーオーシャン戦略とは何かと一言でいうと、「競争が行われている軸から外れ、新たな価値軸を提案すること」です。そうすることにより、競争激化にによる疲弊を避け、新しい成長市場を開拓することができます。有名な事例として、サウスウェスト航空やシルクドソレイユが挙げられています。

ブルーオーシャン戦略を取ると、一部の人からは、「すぐに真似されるのでは?」「競争優位性は?」という、競争軸での疑問や不安が出ますが、これはシステム的な視点からそう簡単に真似できないので、しばらくは大丈夫なのです。

レッド・オーシャン戦略 ブルー・オーシャン戦略
既存市場内で競争する 競争相手のいないマーケット・スペースをつくり出す
競争相手を打ち負かす 競争と無縁になる
既存需要を取り込む 新規需要を創出し、これをものにする
バリュー・プロポジションとコストは相反する関係である バリュー・プロポジションとコスト削減は両立できる
差別化か低コスト化のいずれかを選び、最適なかたちで事業活動に結びつける 差別化と低コスト化の両方を、最適なかたちで事業活動に結びつける

『ブルーオーシャン戦略』からの名言

たとえば、サウスウエスト航空のスピーディで割安な旅行体験の提供を真似しようと思ったら、企業文化はもちろんのこと、路線の設定、教育研修、マーケティング、価格設定などを大幅に変更しなければならい。こんな大改革をすぐさま成し遂げられる大手航空会社など、どこにあるだろう。システム全体を模倣するのはけっして容易ではない。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です