『「無知」の技法』

「無知」の技法 Not Knowing  「ブラックスワン」という言葉が使われるようになってから、「知らないこと」「不確実性」「無知の知」といった概念の本が増えてきていますね。
特に、本を読むような“知的”な人ほど、知らないことに対しての恐怖があったり、想定外の状況で我を失ってしまったりと・・・とにかく賢さには2種類あるということが認識されてきたのでしょうか。その2種類と言うのは「知っていることを活用する技術」と「知らないことを知る技術」とでも言いましょうか。
この本は、「知らないこと」に対しての心構えと、動機づけとなっています。もし、既に知っているようなことばかりを続けていて、単調だなとか、物足りないと思っているのでしたら、取り組む「技法」についてヒントが得られるのではないでしょうか。
そして、自分の専門領域で一番よく知っていると思っているのでしたら、その危険性について知ることになる一冊になっています。
「わからない」ことはイイ事なんだよ~

『「無知」の技法』からの名言

私たちが未知を恐れる理由のひとつは、自分自身と向き合わざるを得なくなり、自分の弱さ、不完全さをつきつけられるからだ。

今日の一言
生まれたてのとき、私たちは何も知らないのに、いつからかあらゆることが「わかった」気になるのはなぜだろう?そして「わからない」ことを恐れた老人になる。

テクニックwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
マインドwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com
革新度www.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.comwww.dyerware.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です